リモートマシンのJupyterNotebook環境を使う




 


こんにちは。

最近は機械学習分野に関わることが多いのですが、この分野ではJupyter Notebookが大活躍です。

 

私のマシン環境はMacBookPro1台、GPU付きのデスクトップPC1台です。

MacBookPro上でJupyterを使っても勿論いいんですが、やはりGPUマシンで機械学習を実行したい。

でも普段はMacBookPro使いしたい・・・

ということで、サーバ(デスクトップマシン)上でJupyterを走らせて、

クライアント(MacBookPro)のブラウザから閲覧、実行できる環境を構築したのでメモ。

Jupyter Notebookとは・・・こんな感じです。

セルにPythonのコードや、Markdownの記述を行うことができます。

Jupytercap

 

Jupyter Notebookは便利なショートカットがたくさんあり、知っていると知らないとでは作業効率に雲泥の差が出ます。一度本なりネットなりで体系的に調べてみることをおすすめします。

 


インストール

サーバ側

インストールは・・・AnacondaでPython入れれば、もともと入っています。

そうでない人は、pipでインストール


設定

サーバ側

クライアントから利用できるようにするための設定です。

sha1の鍵を取得

パスフレーズを2回入力。Jupyterにログインするときに必要になります。

’sha1:hogehoge’的な鍵が出力されます。

参考:Jupyter notebookをリモートサーバで実行する


起動

サーバ側

マシン起動時に自動でデーモン実行させる設定


接続

クライアント側

ブラウザから以下にアクセス

http://<サーバのIP>:9999

パスワードの入力を求められるので、SHA1の鍵を作ったときのパスを入れてログイン。

以上、お疲れ様です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です