dpkgで入れたパッケージを強制的に削除する

Ubuntuにdpkgで入れたパッケージがなんか削除できないときに、強制的に削除するメモ。

まず、パッケージの削除は基本的に -P(–purge)オプションをつければOK

ただ、パッケージや依存関係が壊れてたりすると、消えてくれないことがあるっぽい。

–force-remove-reinstreq オプションもつけると消えてくれた。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です