睡眠の質を分ける「黄金の90分」とは?スタンフォード・メソッドに学ぶ。

こんにちは。

睡眠の重要性を改めて実感している今日この頃。

「眠くて仕事が手につかない・・・」
「寝起きが悪くて一日中だるい・・・」
「たくさん寝たのに・・・」

など、皆さんも経験があると思います。

忙しい時期だと、睡眠時間が確保できないという根本的な問題にも直面します。

そんな中、書店で以下の本が気になったため購入してみました。

スタンフォード式 最高の睡眠


スタンフォード式 最高の睡眠

筆者がスタンフォード睡眠研究所に所属していた際の知見を、
実用性即効性を重視して執筆されています。

書籍序盤に書かれていた、印象的だった2つの言葉。

引用

”夜な夜な訪れる人生の3分の1の時間が、残りの3分の2も決める”

”睡眠とは最強の味方であり、敵に回すと最悪な恐ろしい相手”

ほんとこれ!良い眠りを取れなければ日中のパフォーマンスは下がる・・・
逆に睡眠コントロールできたら人生有意義に過ごせそう・・・と私も以前から思っていたのです。


黄金の90分とは

睡眠は、ノンレム睡眠とレム睡眠のサイクルを繰り返す。ということはご存知だと思います。

その中でも、最初に訪れるノンレム睡眠は、最も深い睡眠を得ることができるのです。
これは、睡眠時間が6時間でも10時間でも変わらない事実です。

このことから、最初のノンレム睡眠が訪れる入眠後90分は、まさに黄金の90分とも言えます。

 


黄金の90分を得るメリット

 

  • 自律神経が整う

自律神経と睡眠は密接に関わっています。
日中の頭痛や肩こりといった、「なんとなく調子が悪い」ということも、
睡眠を改善することによって解決するかもしれません。

 

  • グロースホルモンが分泌される

生き生きと生活するためには欠かせないグロースホルモン。
これが一番多く分泌される(70~80%)のが、第一周期のノンレム睡眠です。
逆に言えば、最初の90分で深い眠りを得ることができれば、
グロースホルモンの8割近くを得ることができるのです。

睡眠を味方に付けるには、まず黄金の90分を味方に付けることが大切となります。


最後に

最初の90分が、黄金の90分と呼ばれるのも納得です。

「今から寝ても、朝まで2時間しか寝れない・・・」と絶望することもありますが、
この黄金の90分を意識して、ポジティブな気持ちで睡眠に入れるといいですね。

本書籍には、この黄金の90分を黄金たらしめる方法も、たくさん書いてありました。
そちらで学んだことも、また記事にできたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です