ワールドワイドなセキュリティ資格「CompTIA Security+」を受ける。

 

こんばんは。

業務の都合で、CompTIAのセキュリティ認定資格である「CompTIA Security+」を受験することになりました。

CompTIA Security+とは
CompTIA Security+は、ワールドワイドで提供されているベンダーニュートラルの認定資格です。
この認定資格試験では、以下の分野におけるスキルを評価できるよう設計がされています。

■ ネットワークセキュリティ
■ コンプライアンスと運用セキュリティ
■ 脅威と脆弱性
■ アプリケーション、データ、ホスティングセキュリティ
■ アクセスコントロール、認証マネジメント
■ 暗号化

 

CompTIA Security+は、現在、世界中の多くの企業や学校で活用をいただいています。最も顕著な例としては、米国国防総省の情報保証に関連している全ての人材に対し、CompTIA Security+は必須資格として活用されています。

http://www.comptia.jp/cont_certif_securityplus_sy0-401.html

受験料は34,560円(税込)と、IPAの資格と比べると割高です。

現在、1度目が不合格でも、2度目は無料で受験できるというFREE RETAKEキャンペーン実施中です。

これは落ちても安心!笑


対策

まずはどうやって対策するか、ネットで勉強方法やテキストを模索。

テキストや問題集など、いくつかあるみたいですが、
私がいま取り組んでいるのは、TAC Biz School のWeb模擬試験です。

   TAC【Security+ Web模擬試験】

以下3つの対策が、何度でも行うことができます。

  • 模擬試験(2パターン)
  • 分野別復習問題
  • パフォーマンスベースドテスト

ちなみにパフォーマンスベース度テストは、記述を含む問題です。
記述といっても、ポート番号を入力したり・・・程度ですが。

 

まずは、このWeb模擬試験を一通り完了させて、一度試験に臨みたいと思います。

これが全て100%になったら、本試験もいけるんでしょうか。
実際に受験したら、また記事にしたいと思います。

 


その他の対策候補

下のテキスト+問題集での対策も考えましたが、問題集の難易度が、
本試験の難易度よりかなり優しいというレビューや記事が散見されたため、ひとまず見送りました。

学習用のテキストです。
実際に中も見ましたが、丁寧な解説で非常に良いテキストと言えます。
試験対策に関係なく、一冊持っておいて損は無いですね。

こちらは問題集です。本試験よりも難易度は優しいという噂。


最後に
まずは一回受験してみて、必要に応じてテキストで補完したいと思います。
FREE RETAKEキャンペーンありがとう!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です